top of page
  • kumadrolab

RaceFlight Revolt V2 Flight Controller setup


このFCへ受信機の取り付け・設定に地味に苦労したので何方かの為にメモを残します。

送信機:Futaba 10J

受信機:Futaba R2001SB(テストでSF800も試しました。こちらも繋がりました)

FC:RaceFlight Revolt V2

1.半田方法(Soldering)

基本的に、次のサイトの ”Revolt V2 Wiring Diagrams” を参考に付けていけばOKです。

受信機は、以下①②③の箇所の様に付ければ十分です。

中々反応しなかったので、色々な場所に付け替えてテストしてみましたが、結果的にこの3箇所のみでよいです。本当にこの3箇所でよいです(苦労したのでもう一回)

①:TX1とINVを繋ぐ

②:VCCと5Vを繋ぐ

③:上から、SBUS(白)、VCC(赤)、GND(黒)

2.RaceFlightから、BetaFlightへファームウェア書き換え

初め、Configrator には GoogleChrome の RaceFlight(Ver 4.2.7) を使っていましたが、受信機が反応しない為、色々作業を進める中で、BetaFlight にすがってみようとファームウェアを書き換えました。そのメモです。

①:BetaFlight の Setupタブで、「DFU mode」というボタンをクリック

  ※この途中、DFUモードにならなかったり、なったりでファームウェア書き換えたりしました

②:接続画面に戻った際に、ポート選択のタブに、DFUモードが出るか確認

③:DFUモードになっていたら、RaceFlight を閉じて、BetaFlight を起動

④:Firmware Flasherタブから、ボードに「REVOLT」。firmware version に(この時は)”3.1.7”を選択

⑤:書込み

3.BetaFlight の CLI 操作

色々と調べていると、大体は半田付けだけで使えるようになる感じで書かれていますが、BetaFlight へ移行してしまった為なのか、もうひと手間掛かるようです。

CLI タブへ移動して、"dump"を打ってみてください。

set serialrx_halfduplex = OFF

になっていたら、BetaFlight のUI上でいくら操作しても、受信機はウンともスンとも言いません。

そんな訳で、以下のコマンドを実行してください。

①:set serialrx_halfduplex = ON

②:SAVE

これで受信機が反応すると思います。

あぁ長かった。

閲覧数:1,388回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page